HT整体スクール
10時から19時

集客に対する誤解

皆様、こんにちわ。

今回は整体院の集客に対する誤解を考えていきたいと思います。

 

さて、整体の業界で最も多い、集客に対する誤解はどのようなことでしょうか?

正直、沢山あるとはおもいますが(笑)最たるものは<腕が良ければ繁盛する>

といった考えでしょうか。

または、逆に<腕がいいのにお客がこない>

ということもあるかと思います。

最初の腕が良ければ繁盛する、というのは大概の皆様はそう思うと思います。

腕が良く、次から次に治していけば繁盛する、という考えです。

間違ってはいません。が足りない部分があります。

何故その人がそのような症状になってしまったのか?という部分を共感できないていないんです。

また<腕がいいのにお客がこない>というのはよくわからない理屈ですね。

とあるうちの業界でない人にそう言ったら、なんなの、それは??

と言われてしまいましたwww

普通の人の感覚はそんな感じだと思います。おいしいのにお客が来ない、というレストランは確かにあるかもしれませんが、少数でしょう。

多くのおいしいレストランは繁盛しています。

腕がいい、というのも何をもって腕がいい、といのかもきちんと定義されていません。もしかしたら、自分でそう思っているだけなのかもしれません。

私は解剖学に基づいて施術できる人が腕のいい人だと思ってます

いくら腕が良くても信頼関係がなければ、お客様との関係性は長続きしません。

また何年も経験があり、施術人数が何千人になっても、一人として信頼関係を築けない施術者もいます。

初回の方といきなり何年も一緒にいたような関係を築いてしまう施術者もいます。

何が言いたいかと言えば、お客様の段階に応じて、きちんとした関係性を築くことが大事だということが言いたいわけです。

レストランなどでいえば、食事をとうして関係性を築いていくことになります。私たちのような整体の場合は施術をとうして関係性を築いていきます。

勿論、会話も必要ですが、会話だけで関係性が築けるわけでもありません。

そういったことまで含めて、腕がいい、という風にいうと私は考えています。

また、どんなにいいことや知識、理論を勉強して、いい施術を提供していてもお客様が来なければ何の意味もありません。

また自分がいい施術を提供しているという自信があるのならば、余計に繁盛させなければいけないのです。

自分が閉店したら困る人が沢山でてくる、そう考えれば簡単にやめられません。なおのこと繁盛させなければなりません。

では、何をやっていったらいいのか?

そこらへんはスクールやセミナーでお話しさせてもらってるので、気楽に問い合わせてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です