HT整体スクール
10時から19時

集客に対する誤解②

皆様、こんにちわ。

今回も整体院の集客について考えていきたいと思います。

 

さて、まあ整体に限った話ではないのですが、コンセプトというのを考えるのが好きな方が多くいらっしゃいます。

コンセプトの重要性を否定する気はありません。

が、コンセプトを熱く語っている人の場合、他の人が聞くと単なる戯言に聞こえてしまうことが多いんですね。

例えば、現状はこうだからそこをぶっ壊していきたい。

業界のこんな慣習を変えたい。

気持ちはよ~く分かります。

ただ、そんなコンセプトを語っている時は、本人は実は非常に楽しい時なんですね。

コンセプトを語るのは楽しい事です。現状をぶっ壊したいというのも語ってるときは楽しいです。

ただこのような場合、ほとんどは上手くいかないですね。

何故なら、顧客という概念が欠けているからです。

そのコンセプトの商品、サービスを喉から手が出るほど欲しがっているのはだれか?

そのコンセプトの商品、サービスを喉から手が出るほど欲しがっている人はどこにいるのか?

 

そしてその顧客と深く深く共感するにはどうしたらいいのか?どのようにしたら共感できるのか?

 

ここらへんを突き詰めて考えないと上手くいかないんですね。

今回はコンセプトを考えることを考えてみました。

さらに進んで、整体の業界でどうしたらいいのか?という話はスクールもしくはセミナーでお話しさせて頂きますのでお気軽に問い合わせくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です